海老の生態

?”はとや”並に新鮮です?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秩父御嶽山

先週の話。

運動不足だったり、
一日中PCの前で過ごす日々に悶々としてて、
なんか突然、山!山!、自然のパワーが足りてないっ!と。

土曜は彼女の妹夫婦が遊びに来るってーのに、
一人お山へ遊びに行ってしまいました。
とりあえずリハビリって事で、
比較的軽く登れるという、秩父御嶽山へ。


04:10 家を出発
06:50 道の駅「大滝温泉」着
07:20 普寛神社横の登山口から入山
08:15 林道(普寛トンネル)
08:55 秩父御嶽山 山頂着
09:25 下山開始
10:00 林道にぶつかる(標高910m近辺)
10:30 標高838m 鉄塔のある小ピーク
10:55 林道にぶつかる、ここからは舗装路
11:25 登山口(出発地点)着


で、感想。
疲れた、特に登り。
体力の衰えもあるけど、取っても取っても腕と顔に付く
クモの巣が気になって気になって。
序盤にこれのせいでかなり体力奪われた気がする。

頂上は凄く狭い。
1080mと低山ながら、景色は良かった。
ちょっと虫が多かったかな、羽音にビビッてました(笑)

下りは、最高に気持ちいい尾根道があったり
両サイド切れ込み、道幅50cmも無いような道もあったりと
なかなか楽しいコースでした。

森の中で直接日が当たらず気持ちよかったし、
終始誰とも会わなかった(ここ人気無いの?)のも
なんか貸切みたいで楽しかったな。


下山直後、土木工事してたおじさんに話しかけられた。
アマチュア無線をしてるらしく、山中から交信してくる人が
現在の標高とかを言ってて、自分もやりたいとか(笑)
高度計が手に入りそうなアウトドアショップを紹介しときました。

さてさて、道の駅まで戻ったら、今日のもうひとつのお楽しみ♪
この道の駅は、名前の通り温泉があるので、
温泉につかって疲れを取り、蕎麦食べて帰ってきました。

いやー、癒された♪♪


写真は追記で
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/07/18(土) 00:46:08|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

両神山

久々の更新ですネ。

土曜に一人、奥秩父の両神山へ。
日向大谷?山頂の往復。

03:00起床、準備をし3:40出発。
06:00に日向大谷の駐車場に到着。
既に車がちらほら。準備をしている方、薄暗い中登り始めている方も!
僕も早速準備をし、06:40登山開始!

比較的なだらかな道を約30分、会所という分岐点に着く。

左:両神山登山コース、初級。
右:七滝沢コース。上級者向けで時間も両神山登山コースの2倍以上!

迷うことなく両神山登山コースを選択し進む。
するとすぐ渓流にぶつかり、しばらく渓流沿いを右に左に渡りながら歩く。
岩がゴロゴロしてるけど、そこもなだらかで歩きやすい。
写真撮りながら、なんて素敵な山なんだ?と歩いた。
evi0134.jpgevi0135.jpgevi0136.jpg

渓流沿いの道を越えた辺りから急登が始まる。
ここからがきつかった、、写真撮る余裕なし。
黙々と歩き続け、08:30に清滝小屋へ到着。ジャスト2時間。
evi0137.jpg

小屋裏の登山道はまた急な登り。
もう結構足にきてて、休み休み上ると尾根道に。
そこでエネルギー補給。柿ピーの塩気が堪らなく美味しくて、
ボリボリむさぼる様に食べました(笑)
evi0138.jpgevi0139.jpg

そして尾根道の先には鎖場が出現。
ここからは鎖場とちょっと足場の悪い登りが続き、
もう足がプルプル、膝は大爆笑。
そこも気合で登り切ると、両神神社到着。
evi0140.jpgevi0141.jpg

ここまでくればあと少し。そして…
10:00に山頂へ到着!ジャスト3時間半。
山頂からは、色づいた山々の美しい景色が一望できた。
遠くには富士山も見える。疲れも吹っ飛びます。
写真を撮りつつ、20分ほど滞在して下山しました。
evi0142.jpgevi0143.jpgevi0144.jpg

帰りはは登ってきた道を下るだけ。
だけと言っても、これもかなり疲れましたが、、
途中、沢の水で顔洗ったのですが、冷たくて最高に気持ちよかった。
また、その渓流沿いの景色が素晴らしかったので、
思わず三脚使って自分撮りしてきちゃいました(笑)
我ながら、なかなかいい写真撮れたな♪
evi0145.jpg


これで日本百名山5座目制覇!!
  1. 2008/11/17(月) 23:38:17|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山’09

またまたさぼってしまいましたが…

生きてますよ!
何気にいろいろしてるんですよ!

ということで、まずは8月末にタイムスリップ。

8月30日、31日と富士山登ってきました。
彼女と彼女の友達、計7人でパーティー組んで。
吉田口5合目を13:30頃に出発したんだけど、雨と大渋滞(人の)で、
ゆっくりしか進めないし、段々暗くなってくるし…
本日の宿、8合目の山小屋「胸突江戸屋」(標高3400m)に着いたのが
19:30過ぎ、もうこの時点でみなボロボロ(涙)

宿に着くとすぐ食事の時間。
山小屋定番のカレーを食べ、21:00就寝。
しかし何故か全然寝れず、、起きる間際の30分程はうつらうつらしてたかな。
ほぼ無睡眠で、am1:00起床(汗)。でも起きてみると快調、変に冴えてる。
4人は宿に残る事になったので、彼女と女の子もう1人とで山頂アタック!

外へ出てみるとかなりいい天気。
満点の星空を見ながら、相変わらずの大渋滞の中ゆっくり進む。
途中で、どっかのツアーガイドさん達が交通整理をはじめ、
右側に追い越し車線ができたので、酸欠になりながらグイグイ進み、
無事山頂へ到着!日の出にも間に合った!
雲が多く、太陽の姿全体を見ることはできなかったけど、
それでもやっぱり、ご来光は感動です♪
大好物の雲海を見れたから、雲出ててむしろ良かったかな。

体力の関係でお鉢巡りは断念し、そのまま下山開始。
8合目の宿でみんなと合流し、須走口から下山。
この下山ルートの名所である、真っ直ぐ下に伸びた砂の道が、
地味に過酷でしたが…途中で雲に突っ込み、雨に降られたりもしましたが…
今年も無事、富士山を登りきることができました!!

やっぱり山は良いです、みなも是非是非登りましょ。

☆写真は追記で☆
続きを読む
  1. 2008/09/22(月) 22:54:24|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

高尾山

彼女が、夏に富士山に登る計画があるとのことで、
予行練習兼、新品靴慣らし兼、趣味の登山を一緒に(笑)
ということで、高尾山登山を計画。

先週日曜、神保町へ登山に必要そうな物の買い物に。
全部買い揃えるとかなりの金額になるため、
貸せるザック・レインウェア・防寒着(フリース)類は省き、
軽登山靴・ズボン・吸汗速乾Tシャツ・靴下をご購入。

でだ、今日登ってきました!
天気に恵まれすぎて汗だくになりながら、鈍った体に鞭打ち山頂へ。
山頂では、彼女が作ってきてくれたお弁当でお昼♪
下りは楽なもんで、スイスイスイといいペースで。
久々の登山で結構疲れましたが、やっぱり気持ちいいですね、山は。

高尾山は、新宿から1時間で高尾山口駅まで行けて、
駅から1.5?2Hで山頂に立てる手軽さ(手軽ではなかったが)が魅力。
ケーブルカーもあるので、シーズン初めの体慣らしや、新品靴等、道具の慣らし。
気軽にピクニック感覚で行くのもいいかも。

あー、楽しかった。

  1. 2008/07/13(日) 23:34:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

筑波山

先週日曜の筑波山の話。

国井さんのイベントの後、日帰り温泉施設「つくば湯」へ。
日帰りのくせに、休日大人¥1,260-と高かったのが気に食わなかったが、
まぁ気持ちよかったので良しとします。
ぽかぽかに温まった後、道の駅「つまこい」へ向かう途中、
おそらくこの道のり最後の食事処と思われる、讃岐うどん屋さんで食事。
うどんもおいしかったけど、何よりわらび餅が最高においしかった。
しかし痛恨の店名と写真失念!場所は覚えてるから、また行こ。

道の駅に着いたら、いそいそと寝床の準備を開始。
昨年の伊勢神宮旅行後、必要性を感じて買ったマルチシェード。
これを初めて使うことになったんだけど、まぁ専用設計だけあって、
全ての窓にぴったりで、装着後は車の中真っ暗!感動の完全プライベート空間♪
横で地元のヤンチャ坊主(?)どもが、ロカビリーなんぞをカーステでガンガン鳴らしてたけど、
えび愛用のピップの耳栓で完全シャットアウト!!
安物の化繊シュラフの中に、超薄手のダウンシュラフを入れて就寝・・・・


翌日は朝5時起床。
車内が凄い結露で準備手間取った…
前日に買っておいたパンで簡単な朝食をとり、
朝焼けに美しく浮かび上がる筑波山のシルエットを見ながら山へ向かう。
第三市営駐車場に着いたのは6:30頃、すでに数台の車が止まってた。
僕も登山用の装備に着替えて、いよいよ出発です。

まずは筑波山神社で、本日の安全を祈願。
神社から左右に2コースあるのですが、
ケーブルカーの駅がある左側のコースは人が多そうなので、
右のコースから登ることにしました。

登り始め、風邪の影響か異常な量の汗をかきましたが、その後は順調。
木枯らし吹く、今年一番の寒さなんて言われてた日でしたが、
フリース着て歩いてれば全然大丈夫。
晴天にも恵まれ、景色を楽しみながら登りました。
日本百名山で一番低いとはいえ、地味?にキツイかったけど(笑)
女体山の頂上の岩場は、狭くてちょっとスリルありました。でも気持ちよかった。
僕は高所恐怖症なんだけど、山は割と大丈夫っぽい。
高いとはいえ斜めだからね、垂直はダメだ、崖は覗けないな。
男体山は、観光客がいっぱいいました。お店も結構あって、食事は困らない。
ケーブルカーでここまで来れるからね、きっと百名山中最もにぎやかな山かも。
男体山からケーブルカー沿いの登山道を下ったんだけど、
小学生の集団やら、家族連れやら、犬連れのオジサンやら(笑)
実に沢山の人が登っていました。
写真撮ったり、こまめに休憩入れたりで、計4時間程。
これで日本百名山4座目!!

疲れたらケーブルカーもあるんで、手軽に登れるし、
でも結構登山感味わえるし、誰もが楽しめる山です。
観光客が多いので、早めに行くか、公共機関で行くのが良さそう。
(昼頃帰ったんだけど、駐車場待ちの車の列が凄かった)

皆さんもどうですか!!

☆写真は追記で☆ 続きを読む
  1. 2007/11/23(金) 20:58:22|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。